上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハゼと言えば砂地って思いますが、砂地と言っても質の種類がいくつかあって、その砂質によって見れるハゼが
変わります。

ここでご紹介の「ギンガハゼ」はマットな砂質にいるんです。一度舞い上げてしまうとなかなか視界が回復するまで
時間がかかる厄介な砂質です。

ペアーでいることがほとんどでテッポウエビと共生してます。中には黒い個体のものもいるので見れたらラッキーですよ!


ギンガハゼ&トウゾク

砂利と言いますかゴロタと言いますかこの環境によくいるのが「ヒメテグリ」写真の個体は♂になります。

このネズッポ科の種類は♂の特徴として背びれが長く大きい事!それと広げるとカラフルで綺麗なんです。ただ大きい
鰭なのでなかなか広げてる時が少なく写真に収めるのが難しい!!



ヒメテグリ♂

海の暴れん坊って感じがする「カスミアジ」体のブルーもとても綺麗でおしゃれな魚だと思うのですが

いつも小魚を追っかけてるイメージがあってやんちゃな魚って思ってしまいます。この写真はスカシテンジクダイが
群れてるところに5匹で捕食に来てた時の写真です。


カスミアジ&スカシ
スポンサーサイト

【2015/06/29 18:44】 | 未分類
|
陸上は勿論のこと水中も四季があってその季節にしか会えない生物が沢山います。
その生物達に毎年会うのも楽しみの1つ!!

これからは、水温も高くなり色々な生物が観察できるシーズンなんです。魚類・甲殻類問わず面白い!

その1つ「フリソデエビ」にやっと出会えました。壁の窪みに入ってることが多く豆にライトで探すしかないのです。
幼体の時期は、ゴロタの石の下に隠れてる事が多いんですが成長するとペアーで壁の窪みで見つかります。

好物がヒトデなので見つけた時は小型のヒトデを穴の入口に置いて長い間いてもらえるようにしてきます。(笑)



フリソデエビ2匹
フリソデエビ1匹

【2015/06/29 18:30】 | 未分類
|
今週はダイバーの方も観光に来てる方も宮古島は多いようです。
街中も賑わって夏が来たなって感じになってきました。丁度この時期はまだ飛行機の料金も安くお休みさえ
取れればいい時期だと思います。

ただこの時期ならではの南西の季節風が若干強く吹くので波が高い日が多いんです。そう長くは続かないと思いますが
昨日・今日はやや高くて潜るポイントに苦労しました。

でも海の中は快適でなかなか普段見れない生物も見つかって盛り上がってます。
今日ご紹介は「カメンタマガシラ幼魚」この魚も珍しく、成魚は25m~深い水深で生息してることが多くポイントも
限られたところでしか見れないんです。

幼魚は、もっと知られていなくて珍しいとされてます。



カメンタマガシラ幼魚

この写真は「ニシキフウライウオ♀のお腹」今もペアーで観察できてるのでご希望があればお知らせ下さい。
少し前にお腹に卵を抱えてた時の1ショットです。
中に透明のツブツブが見えますか?


ニシキフウライ卵

【2015/06/27 21:28】 | 未分類
|
宮古島は連日32度暑いです!!
夜も熱帯やでエアコンが無くては安眠はない感じになってます。海に出ててるといい風が吹いて日陰に入れば涼しいんですが
港に着いた途端ムワッと熱気が出てきます。

やっぱり海に出てるのが1番!!色んな感動が毎日あるし楽しいですね。今日も海の中で喋り捲ってました。

コバンザメが2匹誰にもくっつかず砂地に休んでたんです。たまに見ますがやはり珍しい!
写真を撮ってたらなんとマダラトビエイ出現!!テンションマックス(^o^)ラッキー!何とか撮れてるでしょ!



コバンザメ2匹
マダラトビエイ

ポイントを変えてお次は「ホソカマス群れ」群れの形が変わるところも面白いし、どういった形で写そうか考えるのも
楽しいですね。
他にもタイマイやアオウミガメにも会えたしゲストの方も大喜びでした。


ホソカマス横群れ

【2015/06/25 19:36】 | 未分類
|
毎日海に出ておりますが、時間が無くてブログが打てない日が続いてしまいごめんなさい!!!

顔や体がだんだん何色?って言われるような感じになり、髪の色も徐々に色が抜けてきて金髪になる前ぐれ?
徐々に変なオジサンになってきてしまいました。

海は南の風、南西の風がやや強い日が多く「静かな海」ってまではいきませんが透明度はかなりいい状態です。
水温は29度まで上がってまして、もう半袖の薄いウエットスーツでも大丈夫だと思います。
気温も32度が続いて暑いです。

今日の海では宮古島に数が少ない「イシガキダイ」を見ました。なかなか見れない魚なので、見れたらテンション
上がってしまいますね。

2枚目の写真「ハナダイダマシ」です。アカネハナゴイが群れてる中に一緒になって泳いでるんです。意識して見ないと
なかなか見分けがつきずらいんです。



イシガキダイ
ハナダイダマシ

【2015/06/23 18:53】 | 未分類
|
久しぶりのナイトダイビングでした。
普段はお受けしておりませんが、今回のゲストさんの、「ど~うしてもリクエスト」があったためビーチからエントリーで
潜ってきました。

昼間に俊敏な動きをしてる魚が動かないのでじっくり観察できる・甲殻類が見やすくなる・夜光虫のキラキラ光るところも
見れるなどナイトダイビングならではの面白みがあります。
ミスジチョウチョウウオがサンゴに隠れながらじっとしています。体色も夜の海に溶け込みやすくする為変えていますよ。


ないとミスジチョウチョウウオ

ブダイも隙間を見つけてじっとしていました。もう少し遅い時間なら膜を張って寝てるところが見れたかもしれませんね。

ナイトブダイ

シマキンチャクフグです。石の上に体を乗せてコックリ・コックリ寝ていました。こんなに全身をゆっくり見せてもらえるのも
ナイトダイビングだからです。


ナイトシマキンチャク

コブシメ赤ちゃんもいました。すっごく体に突起を作ったりして威嚇をされました。



ナイトコブシメ

【2015/06/23 18:40】 | 未分類
|
先日6月19日(金曜日)、旧暦5月4日に1年間の航海安全・大漁を願う海の祭典ハーリーがありました。
各漁港で開催され池間島や伊良部島など7ヵ所で行われました。

男女に分かれて爬龍舟競漕などが行われ、観光に訪れた方々も沢山見に来られてました。



はーりー3
ハーリー2
ハーリー

【2015/06/23 18:26】 | 未分類
|
今日もいいお天気でした。
ボートで揺られて休憩してると、心地いい風もあってうとうと!ゲストの方々も気持ちい~~~って眠そうな顔。

水中も光がさんさんと差し込んでくるのでキラキラしてます。6月中旬は毎年梅雨を警戒してゲストが少ない時期なので
ボートの上もゆったり、ランチタイムものんびりと食べてます。

そこで今日ご紹介する魚達は、まさしく南国チックな「ナンヨウハギ幼魚」幼魚の時は、サンゴに身を隠しながら群れで
いることが多く成長に伴ってサンゴから離れ単体で泳ぐようになります。


ナンヨウハギ幼魚群れ

お次は「ソメワケヤッコ」この魚は水深の幅が広い魚です。浅い光がしっかり入るところから、30m辺りの深いドロップの
環境にもいる魚です。
色が綺麗のでいたら目を引かれますが、動きが早く写真に撮るのが難しいですね。

ソメワケ正面

ダイバーに人気の「タテジマキンチャクダイ幼魚」渦巻き模様でダイバーに人気なんですが、ちょっと見て下さい渦巻ではない感じ
だったので写して見ました。

タテジマキンチャクダイ幼魚渦

【2015/06/16 17:17】 | 未分類
|
お天気・海のコンディション抜群です。
気持ち透明度が・・・って感じですが、それでも宮古ブルーゲストの方々は「綺麗~~」を連発するぐらいです。

嬉しい出会いがありまして、この何年かなかなか見れなかった「ベニゴンべ」に会えました。昔はずっと観察できてた
個体がいたのですが、サンゴががれてしまい見れなくなってから久しぶりでした。

まだ幼魚でサンゴの中をスピーディーに動き回ってて、写真に撮るのがなかなか手ごわい子です。
これから、長い間観察できればいいな~と期待しています。




ベニゴンべ上
ベニゴンべ手前

【2015/06/15 17:16】 | 未分類
|
宮古島は梅雨も明けて夏本番!
そこで観光でいらっしゃるゲストの方も増えてきます。皆さんの目的は宮古島の美しい海で遊ぶ事が
大半を占めてると思います。

宮古島ダイビング協会では3つのビーチを皆様に気持ち良く・安全に遊んでいただく為にビーチクリーンアップを
行っていきます。
まず1回目は「パイナガマビーチ」  2回目は「サンセットビーチ」   3回目は「くりまびーち」です。



ゴミ拾い

一回目の清掃です。「パイナガマビーチ」

サンセットビーチ

清掃中に出ててくれた虹です!!


パイナガマに虹が

夕方6時半~7時半の1時間皆さんで協力して清掃終了です。各ショップに潜りに来ていただいてる
ゲストの方々もお手伝いしていただきました。

日程的に終了

【2015/06/15 17:09】 | 未分類
|
とうとう沖縄地方「梅雨明け宣言」が出ました!!!またビックリなことに今年の梅雨入りは12日遅く
梅雨明けは15日早いんです。
どれだけ短い梅雨だったんだ~~~。海の青さが綺麗、海の中の光が綺麗透明度も平均30m!

ダイバーの皆様、今年は宮古島に決まり!早速どれだけ光が綺麗かご紹介します。
1枚目伊良部島のポイントで太陽の位置を考えて入るとこんなに美しい光が見れるんです。



2015,6,8, 093_R

最近あまり会えてなかったウミウシ達に会えました。
「ブチウミウシ」アップで体の模様を強調してみました。可愛いウミウシですね!


ブチウミウシ顔

2枚目のウミウシもなかなか美しい「シンデレラウミウシ」色が目立つウミウシで、いれば離れててもすぐにわかります。

水深がやや深めにいることが多いです。


シンデレラウミウシ

【2015/06/11 18:56】 | 未分類
|
今日も最高にいいお天気、海のコンディションもGOOD!!

お昼ご飯を食べてゆっくりした時間をボートの上で過ごしてると幸せな気分になれます。風も心地よく揺り籠のような
ボートに皆さんうとうとしていいっ時間!

海の中でも色々な種類が見れてて面白い。太陽の差し込みが強いので穴の中から見る光のラインがまたまた美しい。
早く宮古島のこのブルーや魚達をご紹介したいです。

まずは「イロブダイ幼魚」ブダイと聞けばグロテスクな魚を思い浮かべがちですが、幼魚達は可愛いんです。
特にこのイロブダイはキュ~トですね。



2015,6,10 056_R

この魚も可愛い「シチセンチョウチョウウオ幼魚」チョウチョウウオの中でも小柄な種ですが、幼魚はまた格別なかわいさが
ありますね。



2015,6,9, 006_R

この透明なエビ「カゲロウカクレエビ」このエビはガヤに付いていて透明なのでなかなか見ずらいです。
ライトをあてて探すと見つけやすい、この写真にはお腹に卵を抱えてるところが見えますよ。


2015,6,8, 069_R

【2015/06/10 18:48】 | 未分類
|
変なタイトルになりましたが「勝手に梅雨明け宣言」と言うことで宮古島は本格的な夏・夏。

天気図を見てても前線がどんどんこの3日間くらいで北に上がり、宮古島辺りは高気圧に覆われる予報なんです。

これからは、台風が発生しない限りはイケイケです!!今月から関西空港ー宮古空港の直行便が飛んでますし
関西の皆さんも11:30には宮古到着午後から2ダイブ可能ですよ~~~~!ご存知ですか~~~~!!

今日の1枚目「イソマグロ群れ」毎年5月から6月はイソマグロの群れが見やすくなりかなり近くまで寄って来てくれます。
写真もバッチリ!なかなかこんなに接近できませんよ~~~~。


イソマグロ

お次は「タテジマキンチャクダイ幼魚」この模様は特徴があってご存知な方も多いと思います。500円玉くらいの大きさの
時から渦巻模様なんです。
いや~~~かわいい。個人的にも好きだな~。


タテジマキンチャクダイ





【2015/06/06 19:02】 | 未分類
|
もう梅雨明け?って思ってしまうほど雨も降らず暑い毎日が続いてます。

水温も徐々に上がっていまして、現在は28度と暖かいな~~!!そのせいなのか毎年夏によく見れるようになる
魚が6月に見れてます。
それが「ニシキフウライウオ」♂♀ペアーでいたので一緒に写せています。体が大きい方が♀小さい方が♂なんです。

よ~く見れなかったんですけど、この♀はお腹に卵を抱えてると思います。


ニシキフウライウオペアー

可愛かった~!「コブシメの赤ちゃん」大きさは5㎝くらいで体の色をよく変化させて一人前に威嚇してました。

コブシメ赤ちゃん白

最後は珍しい「バイオレットボクサーシュリンプ」5月に季節外れの台風が来ていったん姿が見えなくなってたのが

昨日見に行ったらやっと姿を見せてくれました。


バイオレットボクサーシュリンプ

【2015/06/05 18:07】 | 未分類
|
今日の暑さは辛かった。
気温は31度湿度も高かったような、まだ6月に入ったところで夏のような暑さが続くのは・・・・・。

今年の天気は例年の動きとは違うので、なかなかこの先どうなるのか読めません!

さて今日も色んな魚達をご紹介したいと思います。まずは「アカネハナゴイ群れ」伊良部島方面のポイントでは見れるところが
多いです。写真をよ~く見て、左側の真ん中あたりにアカネハナゴイに交じってハナダイダマシも写ってますよ。
わかるかな~~~~~?


アカネハナゴイ群れ

私が好きなウミウシなんですが、「テンテンウミウシ」粒状のものがわかりますか?
テンテンウミウシ産卵中なんですよ。goodタイミングで写せました。


テンテンウミウシ産卵中

この時期になると徐々に見れるようになる「アジアコショウダイ幼魚」コショウダイ科の幼魚の動きが可愛いんですよ。
お尻を振り振りなかなかピントが合わせられない!!

アジアコショウダイ幼魚

【2015/06/03 18:25】 | 未分類
|
宮古島のイメージ?と聞くと「地形」・「魚が少ない」って聞くことが少なくないんです!なんで????

小物も豊富だし暗がりが多い分甲殻類の種類も沢山見れる。魚の種類も季節で色んな種が観察できます。
そこで忘れてはいけない大物達!!!!!

その大物達を狙って今日は楽しんで潜ってきました。1枚目は「タイマイ」宮古はカメに会う確率が実は高いんです。




タイマイ正面

お次は「イソマグロ」 この時期沿岸に寄って来るのでダイビング中に見れることが多いです。
この1枚は、追っかけずじいっと行動を見てるとイソマグロから寄って来てくれた1枚なんです。


イソマグロアップ

最後は「ホソカマス」 前から見れてた群れで今日見に行くと数がかなり増えてた!!見応え十分)^o^(

先頭のリーダー?が方向を変えると群れ全体がそっちに動いたりで群れの形を変えながら移動して行くのが
見てて楽しい!

ホソカマス群れ

【2015/06/02 19:18】 | 未分類
|
宮古島は、環境が豊富でその分生物の種類が多い。
魚だけではなく甲殻類・ウミウシ・クラゲなんかも色んな種類が見れるんです

今日はそんな仲間達をご紹介!!!

まずは、「ゴシキエビ」イセエビ科に入りかなり大きくなります。日中でも岩下やサンゴの下に隠れてる
ところを時々見る事ができます。
穴の中から白い長い触角が飛び出ててるから見つけやすですよ。

ゴシキエビ

お次は「サカサクラゲ」頻繁には見かけませんが、ポイントを選べば沢山見れるんです。

平らな傘を逆さに砂の上で過ごす変わったクラゲなんです。最大で直径15㎝くらいにならります。


サカサクラゲ

最後は「ウミウサギ」貝の仲間で体の中から外套膜を出して貝殻を自分で覆う貝なんです。

写真を見ていただくとわかりますが、白い部分が貝殻の色で真っ白。それを隠すように黒い外套膜を
出しています。

ちなみに、写真では2個体くっついてるのわかりますか?

ウミウサギダブル

【2015/06/01 17:51】 | 未分類
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。